敏感肌化粧品で肌荒れを防ぐ|肌美人を目指そう

スキンケアの基本

洗顔

正しい方法

高価なスキンケア用品を使用しても、なかなか効果を得ることが出来ていないという場合には、洗顔方法が間違っている可能性があります。間違った洗顔方法を続けていると、肌の新陳代謝が上手く行われず、肌荒れの原因となる場合があります。正しい洗顔方法は肌を傷つけることなく、余分な皮脂や角質を取り除くということです。継続して行うことにより、肌のトラブルの改善、予防効果を期待することが出来ます。顔を洗う際には、洗顔石鹸や洗顔フォームをしっかりと泡立てるようにしましょう。泡立てるためには、専用のネットなどを使用しても良いでしょう。軽い力で、マッサージをするように洗うとともに、洗い残しがないように洗い流すようにしましょう。

肌に負担をかけない

顔の皮脂や角質が気になり、強く顔を擦ってしまうという人も多いようです。しかし、力強く顔を洗っても、十分に汚れを取り除くことは出来ません。肌を強く擦ることで、肌を傷つける原因となってしまう可能性がありますので、注意が必要です。また、意外に見落としがちなのが、洗顔料の洗い残しです。十分に洗い流したと思っても、洗い流しにくい場所は洗顔料が残っている可能性がありますので、しっかりと確認するようにします。そして、洗顔後、顔の水気を拭き取る際には、タオルで擦らずに、タオルを顔に押し付けるようにして水気を取り除くようにします。そうすることによって、肌に負担をかけることなく水気を取り除くことが出来るようになります。